公務員がマンション投資で意外と失敗している…

公務員がマンション投資で意外と失敗している…

アパート経営の秀でている点は、マンション投資によくある「地域特性に影響されることが滅多にない」ということだと思われます。マンションの数自体が多くない地方でも、その場所に建設されている物件へ投資が可能です。

不動産投資がいいと聞いて資料請求を何度かしても、全然これといった物件にあたらないのはままあることです。食指が動く物件が少ないことは、利回りを算出してみるだけでも自ずと見えてくると思います。

マンション経営と言うと莫大な元手が必要だと考えがちですが、アパート経営とは異なって、棟全部を収益物件とする考え方で投資するというのとは別物と言ってもよく、マンションにいくつかある部屋のうちの1つで収益を上げようという不動産投資と言うことができます。

不動産会社であるとか物件管理をしてくれる管理会社があるので、不動産の大家になる賃貸経営は何もすることなく儲けることを現実にしてくれるのです。「会社員はやめないで、賃貸経営に携わっている」ような人が多いのは、そのためなのです。

不動産を貸して賃貸経営している人たちは、通例入居者を募ることやら退去に関する手続き、はたまた点検や修繕といった必要な管理業務を、不動産会社などにお願いしているそうです。


家賃で稼ぐ不動産投資においては、物件に投資する価値があるかどうかを見極めるために、利回りという数値を見ると考えますが、表面利回りというのは、年間で得られるはずの家賃の総額を物件価格で割った百分率です。

一括借り上げで考えておかなければならないのは、一定期間ごとの契約更新の時に賃料を安くされることが一般的であることと、ずっと先までサブリースを続けていくためには、出費覚悟で修繕やリフォームを受けることが必要だということだと思います。

不動産の賃貸経営を始める時、物件のセレクトさえミスをするようなことがなければ、ずっと賃貸料を手にすることも可能です。そんなわけで、本当に心配のない投資だと見ることができます。

先が見えないという見方がされ始めてから、なかなかの期間が経過しましたが、ちょっと前からじわじわと人気を取り戻しているのか、いろいろな不動産投資セミナーが開かれることが増加しているのだそうです。

サブリース(一括借り上げ)であれば、空室対策で頭を悩ます必要がないといったメリットがあると考えますが、保証される家賃は定期的に見直されるとか、メンテナンスをする場合の費用はオーナーが全て手出ししなければならないなどのリスクもあるということをご理解ください。


「一括借り上げ」契約締結後に問題が生じがちであるのは、「一括借り上げ」方式が形式上事業者と事業者の契約だとして扱われ、マンション等の大家は消費者として利益保護の対象にならないということと、売買ではないために宅地建物取引業法第35条が適用されないので、重要事項説明がされないことを抜きに語れないでしょう。

不動産投資において初めての物件を買い求める際は、これまで積み上げてきた勉強の成果がカギを握るのです。物件の見定めを誤らない様に、周辺はどのくらいの家賃なのかとか現場のチェックポイントを勉強する必要があります。

アパート経営だけではありませんが、アパート経営の時も幾つもの管理会社があって、これらの中には会社オリジナルのアパート限定ローンを標榜しているところもあるみたいです。

マンション経営についての話の中では、「どれぐらい節税になるかや利回りが重要ポイント」などと言われるのはもっともではあるのですが、そういったことを気にしすぎると、余計に期待が裏切られるということもあるかも知れません。

不動産投資と言えども、思うような結果にならないことがあります。その理由はと言うと、数多くの物件を確認しないまま、慌てて決定して購入契約を結んでしまうからだと指摘されています。

関連ページ

公務員のマンション投資について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。
公務員のワンルームマンション投資について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。