公務員がマンション経営を副業にするには

公務員がマンション経営を副業にするには

家賃保証されるサブリース(一括借り上げ)は、アパート経営が未経験の若葉マークの人にもチャレンジしやすい不動産投資のようですが、自分にとって嬉しいものなのか、十分に吟味してみてください。

海外不動産投資が盛り上がりましたが、「近い将来海外にある収益物件を見つける」のだったら、前より神経をとがらせて今後の情勢の変化を見切るべきです。

不動産投資を実際に行なう前に、多くの人が手始めに行っている資料請求のことですけど、まあ不動産会社も決して逃してはならないお客さんだなどと囲い込んできたりはしないので、躊躇なく頼むのが得策です。

東南アジアや豪州といった海外不動産投資をする際に考えておく必要があるのは、為替レートが変動しているということです。ちゃんと家賃を受け取ったって、現地通貨の価値が下がれば、その投資というのは失敗と言えるでしょう。

サブリース(一括借り上げ)だったら、空室対策を考慮する必要がなくなるなどの利点があると考えますが、保証される金額が安くなったり、修繕したりリフォームしたりする時の費用はオーナーが支払う必要があるといったリスク要素もあることを認識しておくべきです。


賃貸経営というものは、物件の選択さえしっかりできれば、いつまでも収益を得ることも不可能ではありません。ですから、極めて堅実な投資ですよね。

不動産投資をしたかったら、その物件への投資効果をかっちりとチェックすることが不可欠なのですが、そういうようなケースで大部分の人がチェックするのが、利回りという数値だと聞きます。

アパートなどに投資する不動産投資では、その物件は儲かるのかどうかを見定める為に利回りを用いますが、利回りを算定する手順としては複数種類があって、相当にややこしいものも見られるわけです。

資産運用の候補になる収益物件には、最初から入居者がいるために、購入した時点から賃貸料が入ってくるものもあって、注目を集めています。しかし難点として、部屋の中の様子を見ることは不可能と思っておいた方がいいでしょう。

不動産から収入を得ることができる収益物件には、アパートなどの家賃からの収入だけでなく、売買差益を見込めるような物件も多くあります。賃料のような利益のことは配当金と同様に「インカムゲイン」、不動産の売却に伴う利益は資産の価格変動によるものとして「キャピタルゲイン」と呼ぶケースもありますので、混同しないようにしてください。


マンションやアパートなどの収益物件をセレクトするという場合に見逃せないのは、築年数が何年なのかということです。提示されている築年数をきっちりと調査して、1981年にできた新耐震基準に則って建てられた物件を選択することをお勧めします。

不動産投資がよさそうに思えて資料請求しただけでは、全然これといった物件が出てこないというのは誰しも経験することです。理想的な物件なんてなかなかないということは、利回りを調べたら認識できるものと考えられます。

賃貸料を目的に収益物件を買うつもりでいる時に、もうだれかが居住している物件が出てくるといったこともあります。これをオーナーチェンジ物件と言い、取得すればタイムラグなく賃貸料を当てにできるわけです。

実を言うと、首都圏では不動産業者によりセッティングされる不動産投資セミナーがたびたび開かれていて、たいがいのものが費用なしで受講できます。それぞれ参加者も多く、不動産投資の人気のほどが分かります。

不動産投資の資料請求をしたいという時は、ネットを活用してもできますし、一括請求ができるようになっているウェブサイトもかなりあります。このような一括資料請求サービスを上手に利用すれば、わけなく投資を進めて行けるはずです。

関連ページ

公務員のマンション経営について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。
公務員がマンション経営で失敗した
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。