公務員の駐車場経営にかかる確定申告について

公務員の駐車場経営にかかる確定申告について

マンション投資と言いますと、購入価格が抑えられて利回りが高いという理由で中古物件を求める人が多いのですけれど、新築・中古を問わず、生活の拠点となる駅から10分もかからないような、立地条件に恵まれた場所の物件にするのが理想です。

収益物件とは、基本的に家賃という収益を与えてくれる物件であります。しかし、収益物件には賃貸料で儲けようというのではなく、買った時より高く売ることによって利益を与えてくれるというような投資物件も存在しているのです。

不動産を貸して家賃を稼ぐ不動産投資では、物件の採算性を見極めるために、利回りという数値を見る人が多いと聞きますが、表面利回りと書かれているものは、年間で得られるはずの家賃の総額を物件の購入価格で除して得られる数字です。

マンション経営に関しましては、「どの程度の節税になるかとか利回りこそ大事だ」等と言われることが多いですが、お金に関わる数字にこだわっていては、むしろ当てが外れるおそれもあるのです。

一時期海外不動産投資に話題が集中したのは、カンボジアやタイといったところで収益物件を購入すれば、「後々すごく値が高くなる」と評価されていたことが原因となっているように思います。


不動産投資を行なうつもりなら、物件の採算性を入念に検証することが必要ですが、そういった場合にかなりの人が使っているのが、利回りという数字です。

不動産投資セミナーが人気のようですが、開催している業者と講師になる人がしっかりしたものにするのがベターです。何回か開かれているセミナーについては、参加者の評価を聞いてみることもできます。

アパート経営というのは、金融投資もしくはFXなどと違い失敗要素があまりなく、やり方をミスらなければ破綻することが滅多にない投資分野になります。そういうことから今盛り上がっているのです。

資産運用の対象になる収益物件には、アパートなどの家賃からの収入だけでなく、買った時よりも高く売ることで利益のあがる物件もあることをお伝えしておきます。賃貸料みたいな利益は株の配当金と同じように「インカムゲイン」、不動産の売却に伴う利益は債券の売買による儲けと同じように「キャピタルゲイン」と呼ばれるようなことも多いです。

賃貸経営では、物件を購入した会社に物件管理も任せることが大概なのですが、空室対策をしてくれないというのであれば、改めて管理会社を探す方が賢明でしょう。


海外不動産投資をしていいのは、海外独特の金融事情にも通じているマルチな投資家だけです。リスクの大きい海外不動産投資は、アマチュアがちょっと試してみられるようなものとは言いがたいというのが本音です。

海外不動産投資に関しては、物件の値上がりによる利益で金儲けするものがメインだと思われるかも知れませんが、本当のところ賃料みたいな利益を得ようとする不動産投資っていうのもそれなりにあります。

マンション投資において、価格が安めになっている中古物件に人気がありますが、築年月日あるいは築年数は見逃してはならないところなのです。RC造りのようなしっかりした構造物でも、60年から80年程度が寿命なので、全部で収入はどれくらいになるか計算してみてください。

そもそも不動産投資とは、物件を貸すことで生まれる収益を得ることですが、収益を保持させるには管理をしっかりこなすことが決め手になると言ってもいいでしょう。ただメンテナンス業務など、ほぼすべてを不動産会社が執り行ってくれます。

不動産投資をする場合は、じきじきに物件を調べた回数が重要です。そういう意味では、最初のうちはしょぼい物件が多いかもしれませんが、資料請求を申し込むことは有益です。

関連ページ

公務員の駐車場経営について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。
公務員の副業駐車場経営について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。