公務員が家賃収入を相続することはできる?

公務員が家賃収入を相続することはできる?

魅力的な不動産投資も、失敗を伴うことがあります。その理由はと言うと、あちこちにある物件を内覧しないまま、急いで結論を出して購入してしまうからだと思います。

賃貸経営に携わっている人というのは、入居者を募集することだとか退去する時の手続き一般、また点検・修理などの必要な管理業務を、不動産会社などにアウトソーシングしているみたいです。

不動産投資のアパート経営とよく比較されるものとしてマンション経営を思い浮かべるかもしれませんが、マンション経営に関しましてはマンションの一部屋ごとに投資するというやり方が主流だと言え、アパート経営とは違ってきます。

自分が入居者になるときには、ぴっかぴかの新築が有力候補になりますが、投資という視点からは、「新築物件よりも中古物件に優位性がある」などという部分がマンション経営の難しさであり面白さだと感じます。

不動産投資をするならば、初動が早い方が分があると言われることがあります。なぜかと言うと、ほかの人以上に資料請求をしてあちこちの物件を自分の目で見ることで、しっかりとした目ができるからだと言われています。


不動産投資セミナーもいろいろありますが、不動産投資に携わる業者が主催者として開いていることが普通と言えますから、その業者が管理しているところの入居率に関して確かめるのも、セミナーの質を見極めるポイントなのです。

サブリース方式というのは、建物のオーナーとサブリース業者との間で契約締結される転貸借の一形態で、常識的なアパート経営とは別物です。ですので、サブリースならではのデメリットというものも把握しておきましょう。

アパート経営は、比較的少ない資金で始められ、入居している人数分の家賃を貰うことができるため、うまく行く可能性がすこぶる高い不動産投資として手を出すという方が右肩上がりに増えています。

マンション経営を行なうべきかどうかの判断に、表面利回りあるいは実質利回りを用いることが多いようですが、都心部と地方の物件を利回りの高低によって比べるのはお勧めできません。需要が減りつつある地方では、空室状態が続いてしまうおそれがあり、堅実なマンション経営は望めません。

困ったことに、人間というものはいつ働けなくなってもおかしくありません。そんな最悪の事態に備えてマンション投資をしておけば、ちょっとぐらいは補えるのではないかと思われます。


東南アジアなどの海外不動産投資に際して意識しなければならないこと、それは為替リスクがあることです。いくら家賃を受け取ったって、円高になれば、その投資自体は必ずしもプラスとはならないのです。

不動産の賃貸経営とは、不動産を入居者に賃貸することによる家賃収入を最優先に考える不動産投資の一形態です。総じて言えば、売買差益を当てにするパターンではないわけです。

収益物件を見極める際には、物件価格と家賃収入から算出できる利回りを考慮しながら、居住する人の気持ちになって考えることが重要です。とどのつまりは、庶民的感覚が大事なのです。

サブリースなら、借りた不動産の転貸借によって、アパートやマンションのオーナーに定期的な利益を保証してくれるわけです。とは言っても受け取れる金額は本来入居者からもらえるであろう家賃の8ないし9割であるらしいです。

家賃保証されるサブリース(一括借り上げ)は、アパート経営を始めたいという初心者であっても不安が小さい不動産投資かも知れませんが、自分にとって都合の良い方法であるか、しっかり検討して頂きたいです。

関連ページ

公務員の家賃収入について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。
公務員の家賃収入にかかる確定申告について
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。
公務員も副業で家賃収入を得ることができます
公務員長野が副業の不動産投資について書いていきます。成功も失敗もありますが、日々精進です。